愛知県喫茶飲食生活衛生同業組合とは

生衛法に基づき、愛知県知事の認可を受けて設立された、喫茶飲食業の方のため、厚労省及び愛知県の指導監督の下、 自主的な活動をしている団体です。
組合員の皆さまの経営の健全化・振興を図ることで、お店の衛生水準の維持向上を図ることを目的として、さまざま 取組をしています。

〇愛知県喫茶環境衛生同業組合  昭和38年5月28日設立

  • ・平成12年6月9日「喫茶環境」から「喫茶飲食環境」に名称変更
  • ・平成13年1月6日「喫茶飲食環境」から「喫茶飲食生活」に名称変更

この法律は戦後の経済復興の中で、生衛業が過当競争気味で、衛生対策が疎略になることが憂慮されるようになったこ となどから、過度の競争を防止し、経営の安定をもたらす為の措置を講じたり、それを支える生衛業者の自主的組織で の活動の促進を図ることで、公衆衛生の向上と増進に寄与する事を目的として制定されました。
全国の生衛業者が一丸となり衛生水準の向上、営業者の自主的活動及び経営の安定を図る措置等が規定された生衛法 の必要性を行政機関、国会等に強く訴え成立しました。
生活衛生関係営業の経営の安定と消費者利益の擁護を図るため、並びにバブル崩壊後の生衛業の健全な発展と振興、 活性化を図るべく大きな改正が行われるなど、時代のニーズに適した所要の改正を経て、今日に至っており、国民生活 水準の向上と国民の健康、福祉の増進に大きく寄与してきました。

生衛業は国民の日常生活に密着したサービスや商品を提供する営業です。
生活衛生同業者組合(生衛組合)は、生衛法に基づいて知事の認可のもとに設立されており、 加入の組合員の経営安定のため各種の事業を行っています。
(株)日本政策金融公庫生活衛生融資の振興事業貸付に係る証明書の交付や、 生活衛生改善貸付に係る推薦書の交付、 機関紙の発行等の外各種技術講習会の実施も事業の一環として実施しています。

令和2年度執行部

  • 広報部 副理事長
    寺澤 惠子
  • 経理部 副理事長
    加藤 充平
  • 事業部・総務部 副理事長
    鷲津 尚宏
  • 催事部 副理事長
    鈴木 國央
  • 理事長
    舟橋 左門
  • 監事
    和泉 房枝
  • 監事
    早川 庚八

お電話によるお問い合わせは、組合事務局052-241-3251まで。